PC版を見る



© 2015 Nitta Jinja

新田神社 ニュース

Home

2014/10/20
【平成27年 厄年表のご案内】
●平成27年 厄年表を公開しております。

2014/10/12
【平成26年 新田神社例大祭フォトアルバムのご案内】
●平成26年 新田神社例大祭フォトアルバムを公開しております。

2014/07/08
【平成26年 夏越の大祓フォトアルバムのご案内】
●平成26年 夏越の大祓フォトアルバムを公開しております。

2014/01/08
【新田神社 社報 更新のご案内】
新田神社 社報を更新致しました。

2014/01/03
【平成26年 初詣の様子フォトアルバムのご案内】
●平成26年 初詣の様子フォトアルバムを公開しております。

2013/10/31
【平成26年 厄年表のご案内】
●平成26年 厄年表を公開しております。

2013/10/07
【平成25年 655年大祭フォトアルバムのご案内】
●平成25年 655年大祭フォトアルバムを公開しております。

2013/07/02
【平成25年 夏越の大祓フォトアルバムのご案内】
●平成25年 夏越の大祓フォトアルバムを公開しております。

2013/01/05
【平成25年 初詣の様子フォトアルバムのご案内】
●平成25年 初詣の様子フォトアルバムを公開しております。

2012/10/22
【平成25年 厄年表】
●平成25年 厄年表を公開しております。

2012/08/26
【平成24年 氷川神社例大祭フォトアルバムのご案内】
●平成24年 氷川神社例大祭フォトアルバムを公開しております。

2012/08/15
人形などのお祓いについてページを追加致しました。

2012/07/04
【平成24年 夏越の大祓フォトアルバムのご案内】
●平成24年 夏越の大祓の様子を公開しております。

© 2015 Nitta Jinja

年中行事

Home
■年中行事
1月1日 歳旦祭
2月11日 紀元祭
2月17日 祈年祭
4月10日 春季大祭/
靖國碑招魂祭
6月30日 大祓
10月10日 例大祭
10月下旬~
12月
七五三祝祭
11月23日 新嘗祭
12月23日 天長祭
12月31日 大祓/除夜祭
毎月1,10,15日 月次祭
■歳旦祭

元旦午前0時の太鼓のすがすがしい響きとともに、歳旦祭が斎行されます。
 歳旦祭は年頭にあたり、皇室の弥栄、この日本の国の安泰・発展、崇敬者・参拝者をはじめ国民すべての幸福・繁栄などを祈念致します。

歳旦祭

●初詣の方(1000名限定)に『新田神社祈祷璽(新春の御神札)』と『開運干支盃』をさしあげます。
※『新田神社祈祷璽(新春の御神札)』は神棚がない場合は、東か南に向けて、柱など高い所にお貼り下さい。
 御祭神の御加護によって、その年に災いなく、素晴らしい年になりますよう祈願したものです。
※『開運干支盃』は玄関またはお部屋にお飾り下さい。
 御祭神の御加護によって、運が開け、福を授かり、諸願が成就するよう祈願したものです。

■大 祓

大祓は古来より6月(夏越の祓)と12月(年越の祓)に精神的な心の罪穢れを祓い清める神事として行われています。
私たちは本来神様と同じ魂(心)を生まれながらに持っているわけですが、生活をしていく間に様々な欲望などに触れ、知らず知らずのうちに、その魂が曇ってくるといわれております。それを「祓」というものによって清め、本来の清らかな正しい心に立ち返らせることを目的とします。 新田神社では『6月30日の午後1時』また『12月31日の午後3時』より大祓の神事を境内で斎行しておりますので、ご自由にご参列下さい。その折に「除災招福の御礼」を授与致します。

大祓

 また諸事情で当日参列できない方は、社頭または社務所に「形代」がありますので、これに氏名・生年月日を記し、身体をなでて息を吹きかけて、6月は29日までに、12月は30日までに初穂料(お気持ち)を添えて社務所にお届け下さい。
大祓当日これらの「形代」を集めて神事を斎行し、皆様方の災いを祓って明日への幸福・繁栄・健康などを祈願致します。

■例大祭
例大祭

 御祭神のご命日にあたる10月10日午前11時より大祭式を斎行し、御神慮を畏み、御祭神の御心をお慰め申し上げるとともに、皇室の弥栄、この日本の国の安泰・発展、崇敬者をはじめ国民すべての方々の幸福・繁栄などを祈念致します。

古武道奉納演武

午後1時より3時頃まで、立身流矢口支部による『古武道奉納演武』が行われます。(雨天中止)
 演武内容は、居合の立合表「序」「破」「急」と居合の居組それぞれ8本、剣術表「破」6本、剣術五合之形5本、棒、半棒などを披露致します。(年によって変更あり)
 また特別演武として手裏剣、くさり鎌、神社の裏山から切り出した竹を真剣で見事に真っ二つに斬った演武には、観客の皆さんの驚きの声と拍手が境内の樹々の中に響きわたります。

宝物殿

正午より3時まで、年に一度、特別に宝物殿を公開致します。 (拝観無料・雨天中止)

※主な宝物
・新田義興公御真筆
・新田大明神縁起絵巻物(都文化財)
・和鞍、太刀、槍、大鎧、東郷平八郎元帥御真筆
他多数展示

© 2015 Nitta Jinja

「矢守」について

Home

 御祭神の御塚後部には、源氏の白旗を立てたものが根付いた「旗竹」という昔から決して神域を越えることがない不思議な篠竹が生えており、雷が鳴るとこの竹がピチピチと割れたという言い伝えがあります。
 江戸時代には、「エレキテル(摩擦発電機)」などを製作した蘭学者平賀源内がこの竹で厄除招福・邪気退散の「矢守(破魔矢の元祖)」を作り、広く御祭神の御神徳を仰がしめることを勧めました。
 爾来、毎年正月初詣の人々に社頭で授与しています。神棚、お部屋、玄関などにお飾り下さい。
尚、東面または南面に飾ると、御加護の霊力がアップします。

●江戸時代の「四神地名録」「江戸塵捨」「十万庵遊歴雑記」など書物を見ると、宝暦(1751~1764)頃より「義興の矢」として、門前の茶店で売られていたものが、後に源内の提案により、五色の和紙と竹で作り、新田家の黒一文字の短冊を付けたものを魔除けとして売り出すようになったことがわかります。 そして、この矢二本を買い、一本を御神前に奉納し、一本を持ち帰って魔除け「矢守」にしたといいます。 これは、新田家伝来の「水破兵破」のニ筋の矢に由来しているといわれています。

●源内が脚色した「神霊矢口渡の四段目の艇梁場(わたしば)の段」には、「今が最後観念と振り上がる間もあら不思議や。何国の共白羽の矢二人が吭射ぬかれて。其儘息は絶果たり。義岑臺は起上り。・・・是こそは家の重宝。水破兵破の二ッの矢の御矢と。驚給へば臺は目早く。其矢に短冊が。実もと月明り。何々二ッの矢を奪れては、新田の家名の衰へん事を愁へ。・・・朝敵を亡して兄上の恨みを散ぜん、代々伝はるこの御矢。家の重宝。武運の守り、・・・有難し忝しと踊り上て悦び給ふ。末世の今に至る迄新田の杜へ参詣し、守りの御矢頂戴の。因縁かくとぞ。しられける。」とあり、新田義岑(御祭神義興公の弟の義宗公)が新田の白矢に助けられ、その矢を家の宝とする様が物語られています。

初穂料 1000円

© 2015 Nitta Jinja

個人情報の取り扱いについて

Home

ホームページをご利用頂きましてありがとうございます。
新田神社のホームページ設置に関しての個人情報保護の内容をお知らせいたします。

■「個人情報」の取り扱いについて

新田神社(以下当神社と記述)は、ご祈祷の申し込みや諸処の祭典を通じて様々な個人情報を保有しております。
以下にその個人情報の取り扱いについて、個人情報保護法の規定に従って説明致します。

1.個人情報の取り扱いに対する基本姿勢

当神社は、平成17年12月に個人情報保護に関する規定を遵守、職員神職、及びその関係者に周知徹底させて実行し、維持改善に努めます。

2.個人情報の利用目的

当神社は現在、過去のご祈祷などのお申し込みにおいての個人情報はご祈祷等神事に必要な際のみに使用致します。
また、神事以外の目的で利用する場合は事前に同意を得た上で利用させて頂きます。
ただし当神社よりの祭典案内等のご案内をさせて頂く場合を除きます。

3.個人情報の第三者への提供

当神社は、保有する個人情報をご本人様の承諾なしに他の第三者(当神社と個人情報保護遵守に関する誓約を締結した業務委託先を除く)に提供することは致しません。

4.個人情報の安全対策

当神社は個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩等を予防するため、合理的な安全対策を講じると共に、必要な是正措置を講じます。
また、職員神職、及び業務作業者に対して個人情報保護のための教育を定期的に行います。

5.個人情報の開示・訂正・利用停止等の対応窓口

個人情報の主体であるご本人様は、当神社が保有するご自身の個人情報について、所定の手続きにて情報の開示を請求することができます。
また、その結果 、必要な場合は訂正を求めることができます。その他、個人情報の利用停止、問い合わせや苦情・相談などを申し入れることができます。
当神社では、これらを受け付けた場合、合理的な範囲で適切に対応させていただきます。またそのためのご本人様からの専用窓口を下記のとおり開設しています。

■個人情報の範囲

崇敬者・氏子様に関係する
住所、氏名、年齢、ご祈祷内容、ご祈祷日時、電話FAX番号、携帯番号、Eメールアドレス

・ 当神社にて開設しておりますインターネットホームページの掲示板に対する書込みに関しましては、上記事由により個人を特定できる文言、誹謗中傷などは予告無く削除修正を行なう場合がございます。

・ 当神社のホームページ内に設置しておりますメール送信フォームにはSSL暗号化対策を施しております。 インターネット閲覧用ソフトに鍵マークが表示されておりますのでご確認下さい。

■個人情報の保護より除外されるもの

・ 境内社殿において参拝者が書き入れた絵馬等の文言内容

・ 寄進寄付奉納された器物に記名される内容文字

© 2015 Nitta Jinja